マルチタッチ&ディスプレイズ Multi Touch & Displays

  • TOP
  • タッチパネル マルチタッチ仕様
  • デジタルサイネージ専用液晶パネル(DID) タイル型-LCD / 細横型-LCD / 透明型-LCD / 屋外型-LCD
  • お問い合わせ

タッチパネル ガラスセンサーモジュール(マルチタッチ仕様) 高精細なセンシングパターン構造や強化ガラスの採用、更に合わせガラス構造をとり入れ、高感度なタッチフィールと安心・安全なタッチパネルを実現

マルチタッチ&ディスプレイズの
タッチパネル ガラスセンサーモジュール
(マルチタッチ仕様)の表面にはセンサー膜は一切ありません

先端技術は常にシンプルです。
静電容量方式でもセンサーパターンがタッチ面にある場合、性能を左右するセンサーパターンに傷が付かないよう常に耐傷性、耐摩耗性、硬度や耐薬品性などの対策が必要です。
マルチタッチ&ディスプレイズが提供するタッチパネル ガラスセンサーモジュール(マルチタッチ仕様)にはセンサーパターンは表面には一切有りません。
この為、タッチ面の耐傷性などの物理的特性、耐薬品性、さらに電気的性能の変化もなく安定した性能を維持します。
お客様は安心して永くご利用頂けます。

飛散防止の安全性と高透過率を
同時に実現したクリアなガラス構造
 
 

耐久性や性能、さらには素材の経年変化を考えればガラス構造がベストですがガラスの割れ対策として強化ガラスで表面を保護する構造が一般的です。 対策として新たな材料を付加する発想は技術の発展に結びつきません。
マルチタッチ&ディスプレイズが提供するタッチパネル ガラスセンサーモジュール(マルチタッチ仕様)はガラスセンサー自体に※強化ガラスに採用、また割れ防止と仮に割れた場合でもガラス片が飛散しないよう自動車のフロントガラスにも採用されている合わせガラスを採用しています。
安心、安全を同時に図りさらに透過率のアップにつなげています。

隅々までクリアなタッチ精度を実現する
高精細なセンシングパターン構造
 
 

静電容量方式の弱点の一つにタッチ範囲周辺のタッチ精度のゆがみがあります。
この解決にタッチ範囲の外にダミーパターン等を付加し補正する方法が一般的です。
マルチタッチ&ディスプレイズが提供のタッチパネル ガラスセンサーモジュール(マルチタッチ仕様)はタッチ範囲に張り巡らされた独自の高精細パターン構造が隅々まで安定したタッチ位置を検出を約束します。

タッチパネル ガラスセンサーモジュール(マルチタッチ仕様)の構造

X-パターンとY-パターンの構造
X-パターンとY-パターンの構造
断面構造
耐久強度を高めるため、ガラスの内側にX-パターンとY-パターンを配置、更にガラス構造には割れ強度と割れた場合でもガラス片の飛散防止を同時に達成した合せ構造を採用、いつまでも永~く安心・安全にお使いできます
断面構造
ページTOPに戻る

Multi Touch & Displays

Copyright © 2012 Multi Touch & Displays Corporation. All Rights Reserved.